header image

私の身の周りにある印刷と用紙について

私の身の周りにある印刷について記事を投稿させていただきます。私たちの周りには、新聞、チラシ、広告、名刺、カレンダー、はがき、パンフレット、コピー用紙などの様々な印刷物があります。このような広告、紙媒体にはそれぞれの用途に適した印刷方法と紙が選定されるようになっています。カタログ関係に関しては、車や宝石など高級なものをPRする分野関しては、オフセットで出力されていることが多いはずです。紙については塗工されているものが使用されている場合が多いです。一般のオフィスで使用されるコピー用紙は、レーザープリンターで出力されることが多いです。名刺やはがきはインクジェット方式で出力されることが多いです。インクジェットで出力する際には、インクジェット専用紙を用いるときれいに印字されます。インクジェット専用紙は表面にシリカが塗工されているため、レーザーなどには不向きです。

印刷にもいろいろあるという件

印刷と一言で言っても、実はいろいろあるのです。皆さんが良く知っているのは、家電量販店などで売られている、家庭用プリンターですよね。なんと最近では、ものを立体的に作ることが出来る、3Dプリンターと呼ばれるものが登場してきています。これはかなり印刷業界の中では革命的なことではないかなと思っています。これから、色々なことが可能になるので期待をしています。これはなかなかいいですよね。しかし、ニュースでも報道していた通り、悪用するケースもあるので注意が必要だとも思います。自分が作りたいものを作れるようになったと言ってもいいかと思います。興味がある方は一度調べてみて下さい。面白いと思います。また、これらのこと以外にもプリンターの世界はたくさんあると思うので、検索してみて下さい。お気に入りが見つかるといいですね。

ヨーロッパの画期的な印刷屋さん

私は今某海外に住んでいるのですが、その国には「印刷屋さん」があります。と、言うととても普通なのですが、私のイメージでいうと、その印刷屋さんはコンビニにあるコピー機に人が付いていて、その人(すなわちコピーのスペシャリスト)がもの凄い早さでコピーしてくれる、というお店なのです。しかも1代1人しかないのではなくて5台くらい機械があり人も3人くらいいるので、さらに周りが早いのです。私は音楽を勉強いるので、沢山の楽譜(課題)を先生から頂くと、全てコピーしなければいけません。(もちろん、著作権の権利は過ぎている物です。)そんな人にとってもうってつけのお店です!自分でもできるのですが、サイズ変更など難しいことに出くわすと、つい無駄に紙を使いがちなので、こういったお手軽な印刷屋さんが日本にもできたらいいな、と常に最近良く考えています。

折込チラシを考えているお客様に弊社からのご提案。印刷された商品の表裏上の文字ズレには「同一方向」のオプションをご利用をすると、キレイに均一性のある仕上がりになるそうです。格安の理由は?お客様に完全データを用意して貰って、入稿したものをチェックし印刷することで営業コストを削減し格安受注してます。印刷なら印刷通販のウェブプレスへ